交通事故治療なら名古屋市南区のあごや整骨院
HOME>施術案内

スポーツ障害等

スポーツ障害の内容
スポーツ障害

繰り返しストレスをかけることにより発生する様々な障害をいいます。
良くある症例として、肩関節、肘関節、手関節、股関節、膝関節、足の甲、すねが挙げられます。
また、成長痛(骨の成長と筋肉の成長がシンクロしていないためにおこる)もあります。


長期的に同じスポーツを続けることなどにより、体の一定の部位に負担がかかって起こる障害を主に「スポーツ障害」と呼びます。スポーツにおいての体の使い過ぎ(オーバーユーズ)を原因とするもので、成人だけでなく、成長期の子供にもよく起こる障害です。


疲労骨折
疲労骨折

疲労骨折とは、通常の負荷では骨折を起こさない程度の力が、正常な骨の同じ部位に継続的に加わることで、骨組織の結合を破壊し、最終的に骨折となる障害のことです。
“骨折”という名前から、障害というよりも怪我のようなイメージではありますが、“同一部位に継続的に負担がかかり起こる”ことから、障害として扱います。(もちろん、スポーツ時のアクシデントによる骨折は怪我です)


 
人間の骨格

スポーツによる疲労骨折は、疾走やジャンプによるものが非常に多く、

肋骨(ろっこつ) ゴルフ、ボート競技、野球
肘頭(ちゅうとう) 野球、やり投
鎖骨(さこつ) 剣道、ラグビー
尺骨(しゃっこつ) ソフトボール
脛骨(けいこつ) 疾走、ジャンプ
腓骨(ひこつ) 疾走、ジャンプ
大腿骨(だいたいこつ) 疾走、ジャンプ
骨盤(こつばん) 疾走、ジャンプ
中足骨(ちゅうそくこつ) 疾走、ジャンプ
足根骨(そくこんこつ) 疾走、ジャンプ

などの骨折が挙げられる。
特に脛骨の骨折が多く、疲労骨折の約50%を占めるとされる。


主なスポーツ障害
スポーツ障害
筋全体 筋痙攣
頭の障害 脳挫傷、脳震盪
首の障害 外傷性頸部症候群、バーナー症候群
肩の障害 野球肩(三角筋炎、腱板炎)、ベネット損傷、SLAP損傷、リトルリーガー肩、水泳肩、テニス肩、ゴルフ肩、バレーボール肩、バドミントン肩、投擲肩
上腕の障害 上腕二頭筋長頭腱炎
肘の障害 野球肘、テニス肘、ゴルフ肘、水泳肘、岩登り肘、バドミントン肘、卓球肘、投擲肘
前腕の障害 コーレス骨折、ボウリング腕
手の障害 ド・ケルバン病(腱鞘炎)、キーンベック病
腰の障害 腰椎分離症、腰椎すべり症、椎間板ヘルニア、梨状筋症候群、筋筋膜性腰痛、卓球腰、サーフィン腰、スノーボード腰、サイクリング腰、スキー腰
骨盤や大腿
の障害
大腿骨頭すべり症、筋断裂、肉離れ
膝の障害 離断性骨軟骨炎、ランナー膝(オスグッド・シュラッター病、腸脛靱帯靭帯炎、棚障害、鵞足炎)、ジャンパー膝、サッカー膝、平泳ぎ膝、バレーボール膝、バスケットボール膝、テニス膝、ジョギング膝、ウォーキング膝、サーフィン膝、スノーボード膝、卓球膝、スキー膝、膝蓋骨脱臼、半月板損傷、靭帯損傷(外側側副靭帯損傷、内側側副靱帯損傷、前十字靭帯損傷、後十字靱帯損傷)、関節軟骨損傷
下腿の障害 脛骨疲労骨折、シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎、コンパートメント症候群)、アキレス腱炎(アキレス腱周囲炎、アキレス腱滑液包炎)、アキレス腱断裂
足の障害 フットボール足、サッカー足、フットサル足、サイクリング足、スケート足、テニス足、足底筋膜炎、踵骨骨端症、捻挫、モートン病