交通事故治療なら名古屋市南区のあごや整骨院
HOME>交通事故治療の流れ

交通事故治療の流れ

交通事故治療までの流れ
まずは警察へ交通事故の届出

加害者はもちろん、被害者からも届け出ることが必要です。
(特に怪我を負った場合は「人身扱い」の届出が重要です。)
また、仮渡金の請求などで必要となるので、早めに自動車安全運転センターへ、交通事故証明書の交付を依頼します。

矢印
医療機関のご紹介

当院に来院頂ければ、紹介状を書き、適切な医療機関を紹介致します。

矢印
病院にて医師の診断を受ける

交通事故の治療には医師の診断が必要です。
(当院での、診断の場合『交通事故の治療を希望』とお伝えください。)

矢印
保険会社へ接骨院・整骨院での治療を希望する旨を伝える

保険会社より当院に、交通事故の治療依頼の連絡が入り、治療開始となります。

矢印
お電話および、直接ご来院

治療をご希望の方はお電話にてご予約いただくか、直接お越しください。
その際に以下のことをご準備ください。

  • お取扱いの保険会社ご連絡先(ご担当者名)
  • 病院受診の方は診断名
矢印
問診票の記入

交通事故治療にあわせて問診をさせていただきます。
その際に以下のことをお伺いいたします。

  • 事故が発生した日時、状況
  • 医師の診断内容
  • ケガの症状
  • お取扱い保険会社の確認

当院にて、保険会社へ手続きを行います。

矢印
触診

怪我の状態を触って確認します。
痛み具合、腫れ、患部に熱をもっているか、機能障害があるかなどを、いくつかの検査やテストを行って調べたうえで、治療のプランを組み立てます。

矢印
触診治療の開始

症状に合わせて、電療、冷罨法、温罨法、牽引療法、手技療法、運動療法等の中から、治療プランを決定し、治療をします。
同時に日常生活での注意点や、御自身でできるリハビリ運動をレクチャー致します。

矢印
治療の終了

症状により個人差はありますが、3~6ヶ月程度で治療箇所に改善が見られるのが通常です。
保険会社に治療が完了した旨の書類を作成し送付します。
その後、保険会社よりその他の費用(立替分、交通費等)を計算してもらいます。
明細の入った示談内容書を確認し、納得がいけばサインをして完了となります。